qrcode.png
http://sinc.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

教職員ブログ

  • HOME  > 
  • 教職員ブログ
   
 こちらは島根県立石見高等看護学院・教職員のブログです

 
学校行事や、日々の学院生活の中で感じたことなどを不定期に更新しています。
                
    過去の記事はコチラ     平成25年度
                       平成26年度
                   平成27年度
                       平成28年度
                   平成29年度
                   平成30年度
                   令和元年度
 

令和2年度

令和2年度
フォーム
 
コロナ禍の学生寮
2020-09-23
 コロナ禍の中でも、学生の皆さんに美味しい食事を提供しようと学生寮の食堂は開いていますが、感染防止のため食堂内での飲食は禁止しており、食事は各自部屋までもっていって食べているような状況です。食堂の写真を写してきましたが、床に貼ってあるソーシャルディスタンスのテープがちょっと辛く感じます。
 また、お風呂の中も密にならないよう順番を決めて人数制限してもらってます。
 ちょっと不自由な寮生活を我慢してもらっていますが、毎週ブログで紹介してますように、学生の諸君は、授業に実習にとコロナに負けず元気に頑張っています。
 島根県内(益田市内)のコロナの感染状況が落ち着いており、座学授業も臨地実習もほとんど平常どおり取り組めていることは、ありがたいことです。
 そしていよいよ、10月には、令和3年度推薦入学試験願書の受付が開始されます。
 とりとめのないブログになってしまいましたが、感染防止対策を徹底し、学生生活環境の変化も可能な限り最小限に抑え、受験生の皆様のお越しをお待ちしております。
 
『私だけの参考書』
2020-09-18
 毎日暑い日が続いていましたが、ここ最近は朝晩、肌寒くなり、秋らしくなってきました。
 さて、看護師国家試験は毎年2月に行われます。3年生は現在、病院実習中ですが、12月には実習をすべて終え、国家試験に向けて勉強中心の生活になります。
 写真は学生が使用している参考書です。学生は病院実習中に患者さんの疾患や看護を理解したり、国家試験の勉強をする時にもこの参考書を利用しています。また学生はこの参考書にブックカバーを付け、自分らしい特別なものにしているようです。それぞれ個性豊かなデザインでとても可愛いですね。ブックカバーは購入したり手作りしたりとさまざまなようです。また、最近は希望するものを作ってくれるインターネットサイトもあるようで、驚きです。国家試験合格を祈願するお守りを付けている学生もいます。いつも使用する参考書を自分の特別なものにすることで気分が高まり、学習意欲も上がりそうですね。
 学生達がこだわっているのは本の外側だけではありません。参考書の中身を見せてもらうと・・・調べたことを書き込んでいたり、解りやすく自分でイラストや解説を書いていたり、大切なところに付箋を貼っていたり。沢山の努力が詰まっていましたよ。
この努力が実りますように・・・!いつも応援していますよ。
                                                                                                                                              ひなた
 
1年生の食事介助演習
2020-09-09
 台風の季節ですね。毎年この季節は台風が各地に被害をもたらし、多くの人の生活を混乱させています。そして今年も勢力の強い台風が日本列島で猛威を振るっています。台風10号の影響で益田市も週明け早々に強い風が吹き、当学院は月曜を臨時休校としました。益田市では大きな被害は確認されていませんが、とりわけ九州・沖縄地方では被害に遭われた方が多数いらっしゃるとのことで、お見舞い申し上げるとともに、被害が拡大しないことをお祈り申し上げます。
 さて、去る9月2日、私が担当している生活援助論の「食事」の単元において、食事介助の演習を行いました。看護師役と患者役の学生同士の距離が近くなることや、患者役はマスクを外さざるを得ない状況から、このコロナ禍でどのように進めるべきか悩みました。他の教員とも相談し、看護師役はマスクとフェイスシールドを装着することと、お互い無駄な会話を慎むこと、そして介助は15分以内に抑える(厚生労働省による”濃厚接触者の定義”を参考にしました)ことをルールとし、実施することにしました。
 患者設定に合わせて、アイマスクをする学生、ベッドがほとんど起こせない状態の学生、半身麻痺を意識しないといけない学生に分かれますが、全ての学生がいずれかの患者役と看護師役を経験します。看護師にとって介助する視点はもちろん大切ですが、介助される側の視点も非常に大切なので、患者経験は積極的に取り入れています。この経験を活かして、あらゆる視点から患者を捉え、その人に合わせた計画を意識的に立てることができる看護師になってほしいと願っています。10月下旬からは初めての実習「基礎看護学実習Ⅰ」に臨む1年生の成長が今から楽しみです。
 
新人教員(6か月目突入)のKH
 
夏休みが明け始業
2020-09-01
 夏休みのため学院内は静かでしたが、本日より1~3学年がそろい、いっきに活気をおびた学院になりました。
副学院長より各学年に、これからの学院生活について話があり、学生達は真剣な顔で話を聞いていました。学院生活をするにあたり、より厳しいルールになった背景や、学生の皆さんを守るためにはお互いが濃厚接触者にならないことが必要であるため、そのことを理解し協力をお願いしたいこと、もしも感染者が出たとしても誹謗中傷や差別的な言動をしないこと、医療関係者としての危機管理意識を持って生活をしてほしいことなどの話がありました。
また、今後対面授業ができない場合に備えて、遠隔授業をするために学習支援システムとして、『G Suite』を導入しましたので、その使用方法のオリエンテーションをしました。遠隔授業を想定して実際に課題提出をやってみました。学生の皆さんは覚えるのが早い!!私は機器の取り扱いに苦戦しますが、そうは言っておられません。教職員は教育の質が担保できるよう最善を尽くしたいと思います。                       MAYUYU
 
いつもより短い夏休み
2020-08-28
 今年は新型コロナウイルスの影響により休校措置がとられ、いつもより遅く夏休みに入りました。そして気づけばもう始業を迎えます。あっという間の夏休みだったのではないでしょうか。
 2年生は今週の休み明けすぐに科目試験がありました(しかも2科目!)。前述した状況により、例年より試験のスケジュールは詰め詰めで学生もアップアップしていることでしょう。
しかし!・・・・嘆いていても仕方がありません。時間管理をきちんと行い、学習時間を確保し、無事に試験に合格できるよう頑張ってほしいと強く思います。
 3学年が揃うのは9月1日からですが、その日は全員の元気な姿が見られることを願っています。
 
          自宅でイノシシが鑑賞できるK.I
1

島根県立石見高等看護学院

イメージキャラクター

  『あゆみん』

626618
<<島根県立石見高等看護学院>> 〒698-0007 島根県益田市昭和町20番15号 TEL:0856-23-2615 FAX:0856-23-3462